[リポート]
 1月20日(水)、なぜか会社が休みだったので(^^;、大原うすい丸さんへヒラメ釣りに行ってきました。
 天気の方は低気圧が過ぎさり、冬型がゆるんだスポットにぴったりおさまり、まさに日ごろの行いを象徴するかのよう。^^;
 ここは東京湾の湾奥?と思わせるような静かな海でした。
 ノブ船長に「静かですねー」と言うと「静か過ぎるよ。」とのお答え。^^;

#今年も凪倒れ男は健在だよーーん。(;_;)

 前日の夕方には客は4人とのことだったのですが、この予報にひかれてか、結局10人と平日の割りにはけっこうな人数でした。
 でも、24人(舳先までは乗せないで)がいっぱいの船なので、まあ、ガラガラでオマツリも一度もありませんでしたが。

#オマツリがなかったのは潮が流れないからと言う噂もありますが。。。 

 
出発前の臼井丸にて

 

 朝4時過ぎに大原の漁港前の船に到着。すでに4隅にはしっかり荷物が置いてあり、私は右舷の胴の間にクーラーを置く。



 臼井丸の操舵室をのぞく

 

 しばらくするとFuneturi-MLの上甲さんが現れ、初のご対面でご挨拶。
 偶然船座も隣(上甲さんは右舷トモから2番目)だったので、1日話し相手がいて退屈はしませんでした。^_^

 私の隣の船座だった上甲さんです。上甲さんのHP『釣りは情熱』こちら

 5時40分頃に岸払い。6時10分頃にまだ薄暗く、ラインのマーカーも見えない中でスタートです。
 

 イワシは15cmくらいがレギュラーサイズでちょっと小さめです。

 バケツの中で元気に泳ぐイワシ君。

 イワシが小さいので上あごに通した方が良いと、ノブ船長。
 私は最初は孫針を打たず、親針でしとめちゃる!と気合で臨んだのですが。。。

 捨糸は50cmでハリスは80cm。潮が澄んでいるので棚は底からオモリを50cmから80cm上げてとノブ船長のアドバイス。

 1流し目アタリなし。2流し目もアタリ無し。。。静かに時間だけが過ぎていきます。^^;

 この日は太東沖の灘を中心に流しました。

 左舷では朝のこの時間に小さいのが3枚あがたみたい。気がつくと周りは皆さん、席に座って置き竿です。
 私だけが立って、手持ちで気張っていた。。。^^;
 あまりに静かなので、とうとう私も置き竿に。
 しばらくすると竿先がガクガクガク。

 慣れない置き竿なんかしたもんでこの後ちょっと失敗。
 竿を手に取った瞬間にアタリが止まってしまった。(;_;)
 #もちっと待てば良かったかな。。。
 この時は、それでも2度ほど生態反応はあったのですが、食い込まず。
 尻尾の方をかじられたイワシ君が帰ってきました。
 #この後はくじけて孫針を打った。^^;;

 厳しい時間が。。。隣では上甲さんががんばっています。

 この後は本当に潮も止まり、なんかじぇったい釣れなさそう。^^;
 あまりの陽気に上着を脱ぎ、帽子も手袋も脱ぎそれでも暑い。

 ノブ船長が「今日はのんびりやるだよー。こっち来てコーヒーでも飲んで下さい。」とのこと(^_^;、竿はほっぽって、上甲さんと3人で操舵室でお茶タイム。

 そして釣り座にはだれもいなくなった。(^_^;

 30分ほど談笑していたら、9時頃、大ドモのオヤジさんが叫んでる。
 1枚40cm級が上がった。
 ちょっとやる気に。しかしアタリは遠く、大ドモオヤジさんだけは快調に弛ませ置き竿釣法(^_^;で、40cm級を上げて行く。
 絶好調の右舷大ドモのオヤジさん。

 上甲さんや私の隣の人にはまったくアタリなし。この時合(と呼べるほどのもんではない。。。)で右舷ミヨシでも小型が1枚。
 右舷ミヨシでも小型が1枚、タモ入れされた。

 この後、不運にもイワシを取りに行ってるときに私の置き竿にアタリが!(上甲さん談)けっこうなアタリだったそうですが、船がうねりでちょっと持ちあがった瞬間に放してしまったとのこと。
 イワシはしゃぶられてました。(;_;) 

 結局、10時から12時までは再び手持ちでがんばったけど、アタリ無しで沖上がりとなりました。

 無念。 
 沖上がり後、大原で取れた立派なイナダ(50cm1.6kg)とアジの干物をお土産にたんまり頂き、宿でラーメン食って、コーヒーを頂いて帰路につきました。

 本日お世話になったうすい丸さんです。

 またリベンジに行きたいです。
 私は、しばらく沖釣りはお休みですが。。。^^;
 お土産のイナダは船宿の女将さんに教わった通り、土佐造り風に長ネギ刻んでたっぷり乗せ、ショウガ醤油をぶっかけて食べましたが、美味かったです。

 それほど脂は乗ってなかったので、ブリ大根は今一つ。それでも味噌漬けはまずまず美味かったです。^-^


[データ]

日時  1月20日(水)
出船5:40 納竿12:00 帰港12:20
船宿(場所) うすい丸(大原港/外房・千葉)
0470-62-2185
料金 11,000円 (氷・生きイワシ・昼食付き)
新造船のきれいな船 この日は片舷5人づつ計10人
右舷トモから3番目が私
釣りモノ ヒラメ(例年4月いっぱいはやっている)
ポイント 大原沖行程約20分 水深15〜20m
天気 晴れ ほとんど無風
波の高さ ベタ凪
潮回り 中潮
干潮(〜12:15)、満潮(〜6:38)
タックル RYOBI ALERT潮路SS 330/30 ,SHIMANO TITANOS GT3000 PE5号×300m
仕掛け 自作 幹糸10号2.6m + ローリングクレーンサルカン使用ハリス7号70cm + 捨て糸 3号50cm〜70cm
親孫間13〜14cm 親針イセアマ13号 孫針イセアマ12号
錘 80号
釣果 完全 ボーズ(T_T)
船中釣果 ☆1/20ヒラメ釣果〜うすい丸(うすい丸HPから)
 海上は風もなくベタ凪で釣りやすかったが、ヒラメの方は凪倒れ、、、
 アタリ少なく喰い渋く型もほとんど小さかった、イワシの群れなし。
   
          私  上甲さん
          ↓  ↓
(右舷) ●(1) ●(0) ●(0) ●(0) ●(4)
ミヨシ<=====================トモ
(左舷) ●(0) ●(0) ●(2) ●(1) ●(0)

目撃した外道は、マトウ1、アイナメ1、ホウボウ1
ガンゾウ2、他はベラなど。
同行者 なし

料理 お土産のみ。。。